マンションの共用設備


ある住宅情報誌で、マンションで人気のある共用設備のランキングが次のとおり掲載されていました。第1位→コンビニ・スーパー。第2位→コンシェルジュ。第3位→フィットネス・ジム。第4位→ゲストルーム。第5位→カフェ。第6位→中庭・敷地内公園。第7位→キッズルーム。第8位→パーティルーム。第9位→ライブラリー。第10位→シアタールーム。これらをまったく否定するわけではありませんが、手放しで賛成というわけにはいかない設備・施設もありますので、留意点を見ておきましょう。

<コンビニ・スーパー>
コンビニやスーパーが近くにあると確かに大変便利です。特に24時間営業のスーパーがあると何かと安心です。しかし、深夜の騒音や、不審者等の防犯対策等が気になるところです。また、スーパーで惣菜をつくる際の臭いが、排気口の真上にある階で問題となっているマンション(1階に店舗のあるマンションで、「ゲタばきマンション」と呼ばれます)があります。この問題は、フィルターをつけても一向に解決していません。
スーパーなどがあるマンションの購入や賃貸を検討している方は、排気口と住戸の位置関係を確認することをお勧めします。あると便利な施設ではありますが、近すぎず、遠すぎず、いわゆる「スープの冷めない距離」が望ましいようです。

落ち着いた雰囲気の部屋

<コンシェルジュ>
コンシェルジュとは、ホテルなどでお客様の要望や案内に対応するお世話係というような職務を担う人のことですが、マンションでは、フロントで居住者向けの生活サポートサービスを提供するスタッフのことをそう呼んでいます。コンシェルジュがいるマンションの場合、どの範囲までサービスがあるのか、また、24時間常駐の場合とそうでない場合があるので、サービスの内容・受付時間の確認が必要です。
高級物件では、コンシェルジュによる入退館時の見送りと挨拶はもちろんのこと、車寄せ(コーチエントランス)では車のドアの開け閉め、手荷物の送り届けなどまでホテル並みに行っているところもあります。このようなサービスに価値を見出す方には問題ありませんが、これはダイレクトに管理費に反映されますので注意が必要です。一般にコンシェルジユの行っているサービスは、タクシー・ハイヤーなどの手配、宅急便の預かり、クリーニングの取次ぎ、共用施設の予約、電球等の交換などですが、これらは工夫次第で代替できるものばかりです。筆者は、コンシェルジュのサービスはあまりありがたいとは思いません。

爽やかなリビング

ただし、入館者の監視を人間が行っている場合は、価値を認めます(コンシェルジユである必要はなく、ガードマンの配置でもよいのですが)。オートロックと防犯カメラだけでは、不審者の入館を完全に防ぐことができないからです。不審者が居住者に続いて入館してしまえばオートロックは無力ですし、防犯カメラに写っても警備員などが駆けつける間に行方をくらまされてしまっては元も子もないのです。


平塚市で新築一戸建てを探しているという方はぜひコチラを参考にしてみて下さい。
神奈川県の平塚市は相模湾と面していることからレジャー等を通して自然を感じられる街となっています。
そんな自然が豊富な中で新築一戸建てを持ちたいですよね。他にも多方面ヘアクセスもしやすいのでぜひ検討してはいかがですか。

都内へのアクセスも良好で,駅の周辺地域自体も充実。そんな人気の大和駅の近くのアパート,ルシェンテ。
ルシェンテは駅から徒歩7分という近さで,駅周辺の利便性を活用できる環境にあるため、人気のあるアパートです。見学したことがありますが,ルシェンテは外見も内装もおしゃれな造りで,人気の理由を感じる事が出来ます。

一人暮らしを考えているという方はいますか?もしいましたら,ぜひ表参道エリアのマンションについて調べましょう!
表参道エリアから,渋谷や新宿まで数分でアクセスすることができます。東京駅までも14分となっているので,通勤などにも困る心配がありません。
そんな表参道エリアのマンションでの生活をお勧めしたいと思います!