中廊下型について


中廊下型は、ホテルのように各住戸が中廊下に面して配置されているマンションです。前述したように、平成9年の建築基準法改正前は、住宅であっても中廊下部分も容積率に算入されたため、中廊下型は一部の高額物件を除き少数派でした。しかし、法改正により容積率の問題がなくなったため、最近ではホテルライクなマンションとして、タワーマンションやデザイナーズマンションなどを中心に増えつつあります。中廊下型のメリット・デメリットは、開放廊下型と真逆になります。

ホテルのロビー

つまり、メリットはプライバシー性が高いこと、防犯上有利なこと、廊下からの落下の心配がないことです。
一方、デメリットは建設コストが高くなることです。コンクリートや鉄筋のほか、内装仕上材も増えますし、さらに廊下部分を空調していて、空調設備のイニシャルコスト(建築費)だけでなくランニングコスト(維持管理費)も高くなっているようなマンションもあります。
また、昼間でも廊下部分の照明が必要ですので、そのコストもかかります。また、廊下側には居室がないぶんバルコニー側に各室を配置するため、各室の通風が悪くなる可能性があります。各室の通風がどのように確保されているのかは、購入にあたって十分確認しておきたいポイントです(もっとも、一部のタワーマンションのように最初から自然の通風をあきらめている物件もありますが)。中廊下型はホテルライクで人気上昇中の形式ですが、管理費には注意が必要なマンションと言えるでしょう。


東京と並んでいる,日本の大都市・大阪。フレンドリーな人柄と,充実した交通機関や生活利便施設が魅力的な大阪ですが,大都市ということもあって賃貸物件の平均家賃相場は他の大都市と比べても控えめなのが特徴的なエリアなんです。
そのため,大阪に移住してくる方も沢山います。特に,教育施設の充実している大阪あ,進学のために一人暮らしを始める学生の人も沢山います。
そこで、オススメの不動産会社があります。それは、ラポール・コーポレーションです。
こちらの不動産会社では、オシャレな街として名高い堀江エリアの不動産情報について紹介されています。
大阪市での生活を考えているならぜひ、ラポール・コーポレーションで暮らしましょう!

駅から徒歩圏内にある大阪貸会議室を探しませんか?今や当たり前となったインターネット環境も充実した大阪貸会議室があるので、ぜひ気になる方は一度調べてみてはいかがでしょうか?大阪貸し会議室は、スクリーンやホワイトボードの無料貸し出しも行ってます。会議室探しで悩んだら、大阪貸会議室を調べてみましょう!

ライフスタイルに合った生活を実現することが可能なのが,このライオンズシティ府中宮町です。ゆとりある暮らしを考えている方にこのライオンズシティ府中宮町はオススメ。
ぜひ一度,ライオンズシティ府中宮町の詳細について調べてみませんか?